忍者ブログ
日常で気になったことを、もう少し深く考えてみるブログ
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    フリーエリア
    最新コメント
    [01/15 ゆう]
    [01/14 タンボイ]
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    ゆう
    年齢:
    31
    性別:
    男性
    誕生日:
    1985/11/30
    職業:
    SE
    趣味:
    読書/お絵かき
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昨日、ネット徘徊をしている最中に偶然見つけた下記サイトを読んで、今の日本のあり方を考えさせられると同時に、色々と気づきを頂きました。
     
    【韓国は『なぜ』反日か?】
        3.csx.jp/peachy/data/korea/index.html
     
    このサイトは、下記に述べる三部構成で、「韓国の現状」を読者に認識させ、その「原因」を追究し、その彼らが日本に対して、どのような「影響」を与えているのか…と、いうことを順立てて説明しており、読者に対して危機感を植えつけるような作りになっています。
     
    [ サイトの構成 ]
    1. 韓国ってホントに反日?
    韓国は反日活動を行っているのか、行っているのは一部の人たちだけでは無いのか、と言った疑問を、過去に起こった事件や、韓国のヒットチャート等から、反日の「規模」と「現状」を明らかにすることで解答しています。
     
    2. 韓国はなぜ反日?
    韓国の反日は、一つに「反日教育」が上げられるが、なぜそのような教育を行うのか、またなぜ反日教育を行う必要があるのかという謎を、韓国の歴史と政策から解明しています。
     
    3. 誤解はなぜなくならない?
    日本は過去に韓国に対して十分過ぎる程の補償を与えてきたが、なぜ日本国民はそれ知らず、むしろ「日本人が悪いのでは?」と言った誤解を抱えているのか、と言った点を、日本メディア(新聞、テレビ等)の現状、宗教団体の政治への介入といった日本の裏事情から明かにしています。
     
    それぞれの詳しい内容はサイトにお任せするとして、このサイトに書いてある事を私なりに要約すると、『韓国は政策レベルで反日活動を行っており、その活動は日本の中枢(党政、メディア)を蝕むまでになっている。このままでは日本が日本と呼べない日が来てしまう。日本を守るには、我々自身が現状を認識し、意識を変えるしかない。』と、言ったところでしょうか。
     
    もちろん、こういう類の文書は作者の私見に偏ることが多いため、そのまま鵜呑みにするのは危ないことですが(一般的に、1つの事を知るためには、最低でも3つの視点から眺める必要がある)、問題意識を自身に植え付けるには十分すぎる内容だと思いますので、興味のあるかたは一読することをお勧めします。
     
     
    …と、長々とサイトの照会をさせて頂きましたが、ココからが私自身の見解。
     
    サイトの全文を読んでまず私が抱いた感情は「恐怖」でした。
     
    朝鮮が日本に対し明確な悪意を持っており、「侵略」とも取れるような活動を日本の中枢から行われており、徐々に、だが確実に日本は日本でなくなる。なんて、このサイトに書いてあることが事実ならば、マトモな日本人なら恐怖を感じてしかるべきだろうと思います。
     
    でも、なによりも「恐怖」に感じたのは今までこのような事を全く「知らなかった」という事実です。
    知らなければ、恐怖感を抱くことどころか、興味・関心を抱く可能性さえありません。
     
    (ほとんどの国民が、今の事態を正確に認識していない(むしろ、知らない)のはサイトの第3部で、メディア(テレビ、新聞)はほぼ、朝鮮に掌握されており、朝鮮に関する情報は操作(制御・歪曲)されて伝えられているということで説明されています。)
     
    知らなければ恐怖や危機感や痛みを感じることなく、自分の意識の蚊帳の外で自身への「侵略」が進行していく…、このような情報操作が国家レベルで進んでおり、それが朝鮮の仕業だとしたら、これ以上の恐怖が他にあるでしょうか。。。
     
    この一件から、『知識』に対する考えが一層深まりました。
     
    知識というのは、世界を見るためのレンズに比喩することができると思います。知識が無ければ、私が反日に対して関心が無かったように、そもそも世界を見ることすらできず、得た知識が間違っていれば、レンズは歪んだものになり、見る世界自体も歪んでしまう。まさに、サイトに掲載されていた日本を極端に憎む韓国人のように。(もちろん、各言う私自身も、今まで学んできた歴史が正しいということを証明する術を知りませんが。)
     
    私には、残念ながら知識人になりたいとか、人よりも多くの事を知りたいと言った欲求は持ち合わせていません。しかし、他人に知識を操作(制御・歪曲)され、自分の世界の見方、もっと言えば感情や意思決定が他人に操作されてしまう…、と言うことに関しては憤りを感じます。
     
    自分の事は自分で決めたい、と言うのは人間として自然な欲求だと思いますが、今のままではそれすらままならない事を危機感的レベルで認識しました。
     
    幸いな事に日本は求めれば情報の入手・検証が比較的容易な国だと思います。自分の事は自分で決めることができる『自立』した人間になる為にも、知識を求める姿勢と、得た情報を鵜呑みにするのではなく(サイトに掲載されていた情報も含め)自分自身で確かめるというプロセスを、今回の気づきを機会に作り上げて行きたいと思います。
     
     
     
     
    あと、パチンコには二度と行かないと心に誓いました…。
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    日韓関係のことなら…
    日韓関係の真実について知りたいなら、
    「嫌韓流」っていう漫画1~3巻を読めばいいと思う。
    わかりやすいし漫画だから読みやすい。
    オレは3はまだ買ってないけど…
    タンボイさん / 2008/01/14(Mon) /
    初コメありがとー
    早速amazonで注文したわ~。
    情報アリガトウです。
    ゆうさん / 2008/01/15(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    わかりやすい文章の構成方法 HOME このブログのコンセプト
    Copyright © 少し立ち止まって考えてみる All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]